PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キンリョウヘンの花芽。

今朝の気温、マイナス3℃。

それでも昨日よりは暖かい。
キンリョウヘンを部屋から外へ出し、お日様の下に当てた。
毎週一回、薄めた液肥を水代わりにあげている。

去年大金をはたいて(大げさかもしれなけど、今、キンリョウヘンは日本ミツバチ人気で高騰している)買ったやつに花芽が着いていた。
細い株で花芽がつくのは来年以降と思われ、別に期待もしないで買ったものだっただけにとても嬉しい。

逆に、「来年花芽がつく」との言葉にそそられ、オークションで何株か競り落としたものにはまったく花芽がない。



キンリョウヘンとは・・。


日本ミツバチを飼育している方ならご存知ですが、花が日本ミツバチだけを誘う何かを出すんです。
ですから、分蜂時、入ってもらいたい場所に巣箱を設置、その横に置くと、香りに誘われやってきて巣箱に入るというもの。

力は絶大だそうで・・。


お仲間の方の間では「キン様」とか言われていますよ。



この事を「日本ミツバチの捕獲」と言います。


今年、我が家の庭の日本ミツバチが分蜂する時に使いたいと思います。
入った時の醍醐味は何とも言えない位の喜びらしく・・。


ああ、楽しみ。




根元にちょこっと芽が・・。

109_20110306141631.jpg





110_20110306141631.jpg






翠は本当に穏やかで人懐っこくて大人しい。

こんな顔ですが、実際はとっても可愛らしいんです。

111_20110306141631.jpg


もう春の展覧会は始まっています。
今日は、三多摩支部展、静岡支部展、京都支部展、香川支部展、福岡支部展です。

花粉症の方はしんどいかも、です。

皆さん、頑張って下さいって、この時間にはもう順位は決まりましたね。

113_20110306141629.jpg



スポンサーサイト

| 22年 日本ミツバチ | 14:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは

私はキンリョウヘンをたくさん持っていますが、捕獲には使用していません。キンリョウヘンが無くても充分な群数捕獲できます。蜜蝋の力のほうが頼りになります。キンは蜂をかく乱させます。

| 568 | 2011/03/06 18:40 | URL |

568さんへ

こんばんは。

初めまして。

え、そうなんですか?!
私は捕獲用にキンリョウヘンが一番いいのだとずっと思っていました。

当然蜜蝋も巣箱に塗ろうと思いますが、蜜蝋の方が頼りになるんですか・・。
全然知りませんでした。

キンリョウヘンのうたい文句は皆「誘引に効果、捕獲に有効」です。
あれは一体・・。
では何故に、日本ミツバチを飼っている方はたくさんキンリョウヘンを持っているんでしょうか?

| のり | 2011/03/06 19:57 | URL |

はい、これは難しいのですが、キンリョウヘンは分蜂時の蜂を誘引しますがそれが捕獲箱に入るかどうかは別なんです。

蜜蝋を塗った箱には、それを好んで蜂群が寄ってきたのでスムーズに入りますがキンリョウヘンで集まった蜂群は蘭にばかり群がりますので群を箱に追い込んで蘭を移動(隠してしまう)したほうが良いです。

キンリョウヘンを持っている人が書き込みを多くするのでみんなが使っているように思われるんでしょうね。

もっとも、蜂の捕獲の激戦地ではキンリョウヘンを使わないと負けることが多いかもしれません。こちらの地方のようにライバルが少ないところでは、それほど必要ありませんね。

| 568 | 2011/03/06 20:46 | URL |

568さんへ

よ~くわかりました。

ありがとうございます。
間違ったまま使い、捕獲に失敗するところでした。
そこまで教えてくれる方は今までいなかったので、とても有難いです。
というより、質問する知識もなかったですね・・。
本当に感謝します。

私の住んでいる市では日本ミツバチを飼育している方は、多分私しかいないと思われます。
日本ミツバチすら知られていないです。
「野生の蜂だよ。」と言うとみんなびっくりします。

東の方に行くと案外いて、けっこう密度は濃いと見ています。
去年秋にアレチウリやソバの花にたくさんいるのを見つけました。

| のり | 2011/03/06 21:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shiba830.blog55.fc2.com/tb.php/722-3de6e043

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。