PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フランスからのメール。

先日、フランスから英語でメールが何度か届いた。

うちが柴犬専門犬舎で、仔犬をブリードしているのをどこから知ったかわからないが、仔犬が欲しいとの事。

とりあえず今は仔犬はいない、と日本語で返信メールをしたが、またフランス語と英語でメールが届いた。
フランス語はまった読めないが、下の方に同じ文章を英語でも書いてあった。


長い文章で、何て書いてあるか細かいところはわからない。
でも、なんとなく言いたい事はわかった。

仔犬が欲しいのだが、種オスと台メスとして譲って欲しいらしい事。
しかも、色まで指定しているような感じ。
大事に飼育している犬を、どこの誰かもわからない、しかもフランスと遠い異国へ送る事へ理解をして欲しい事。
今ではなく、急がない事。
欲しいのは、チャンピオン犬が欲しいとの事でした。


その後に日本語訳のメールが届き、ほぼ同じだったので、私の英語も捨てたもんじゃないね。

ただ、欲しいのが、全国展で最優秀賞、チャンピオン犬と聞いて、そりゃあ無理だろう。

全国展で最優秀賞って、柴犬の頂点、日本一の柴犬という事だもの。


メールを読み、言いたい事はわかるんだけど、不特定多数の方にメールをしているんだな、というのが見えて、いまいち気持ちが伝わって来ない。
女性で、丁寧なメールだとはわかるんだけど・・。

何でだろうと思ったら・・。

メールの最初に、○○様、という挨拶がない。

私の名前も犬舎の名前もない。

本当に私宛なの?と思ってしまう。

そしたら、むらさきさんにも届いていたらしい。

ヨーロッパでは柴犬が人気だというのは聞いている。



でもなあ、譲って欲しい、と言われても・・・。


うちのようなマイナーな犬舎ではなく有名犬舎にメールをすればいいのに、・・。




雪を喜んで遊びに夢中でウンチを出さない凛。
夕方、千葉へ帰って行きました。

21_20110122091618.jpg


21_20110122091113.jpg
スポンサーサイト

| 22年 つれづれ | 09:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

のりさん、こんばんは☆彡

犬舎を営んでいると、色んな問い合わせがあるんだなぁって
思いながらブログを読ませてもらいました!

先日からの続きの記事で、随分熱心だと思っていましたけど、
不特定多数に出している様子とは。。。
今はネットで、何処でも何時でも連絡が可能ですからね。

のりさんの犬舎のワンコ達が大好きな私は、一生大切にしてくれる
きちんとした飼い主さんに譲って欲しいと(勝手に)強く希望してます!

凛ちゃん、見慣れない雪を思う存分楽しんで、今頃は千葉の飼い主さんのところですね♪

| SUSIE | 2011/01/23 22:14 | URL | ≫ EDIT

SUSIEさんへ

こんばんは。

欲しいと言っても、やっぱりいい柴犬が欲しいんですよね。
ヨーロッパではなかなか手に入らないし、日本からお迎えするのが一番なんでしょうね。
本気で探しているのはすごくよくわかる。
だからネットに載っている犬舎にメールを送り、連絡を取りたいんだと思います。
その気持ちはわかるんだけどね・・。
何せ相手の情報がわからないし、不安ですよね。
検疫も大変ですし・・。
リスクが高すぎる。

ありがとうございます。
そう言って頂けると嬉しいわ。
お陰様でみんないい方ばかりですよ。

凛は大人しいですが物おじせず、芯はとても強い子です。
雪を大変喜び、雪でたくさん遊んで帰りました。

| のり | 2011/01/23 22:54 | URL |

フランスの柴犬たち

フランス 柴犬 で検索していたら、このブログに辿りつきました。初めまして。

僕自身は、7歳~22歳まで1代目の柴犬(オス)を家族で飼っていて、
その後実家には2代目(メス)がいます。

この週末にフランスへ出掛けたところ、柴犬3匹見かけました。
1匹目は、パリで、デパートのペット用品売り場で、うちの
雌の柴に首輪を買って帰ろうと選ぶのに集中していたら、
足元に黒の柴(豆柴?か子供)が”笑顔”でこちらを
見上げていて、ただ単に犬が好きなにおいがしたんだと
思いますが、それとも異国にいて自分と同郷の奴を見出したのかなぁ? 
などと思わせるようなちょっと特別な笑顔。犬に話しかけようかと瞬間考えている間に、
女性の飼い主さんに引っ張られていってしまいましたが、
何かいい物(僕のこと)でも見つけたかのような表情に、ちょっと切なくなりました。考えすぎかも、ですが。

2匹目はリヨンの広場。30代ぐらいの女性が引いていて、
彼氏と早足で歩いている。子犬の柴にはちょっと歩くスピードが速いようで、2人の間をまつわりつくようにピョンピョン跳ねながら、”僕(私)のこと見てよ~” って感じで。
ちゃんと構ってもらえていればいいんですが・・

3匹目は老人と行儀よくリヨンの坂道を歩いていました。
雌かなぁ?

割とどの犬もほっそりした感じでした。明らかに柴でしたが、
がっしりした感じではなかったです。

どの犬も、故郷から遠く離れた場所ですが、幸せに
暮らしていってほしいな、と心から思います。

以上、いきなり通りすがりで長々と失礼しました。


| HIROKI | 2012/01/10 18:53 | URL | ≫ EDIT

HIROKIさんへ。

こんばんは。

コメントありがとうございます。
ようこそいらっしゃいました。

そうですか、フランスでも柴犬がいたんですね。
ヨーロッパでも柴犬が人気で、最近は柴犬専門のブリーダーもいるほどですよ。
知っている犬舎からも海を渡っている柴犬もいますので、それだけ日本犬(特に柴犬)が広く認められているって事でしょうね。
国内であったら空輸も時々あり、ですが、外国へとなると手続きが大変で、なかなか難しいとは思いますが。
我が家も一度フランスから突然メールが届いた事がありました。
英語に訳してはいるけど、変な日本語になり、意味するところを理解するのが困難でしたが、仔犬が欲しいとの事でした。
丁重にお断りをしましたけど。

同感です。
遠く海の向こうで、元気で暮らして欲しいですね。

この拙いブログへご訪問どうもありがとうございました。

> フランス 柴犬 で検索していたら、このブログに辿りつきました。初めまして。
>
> 僕自身は、7歳~22歳まで1代目の柴犬(オス)を家族で飼っていて、
> その後実家には2代目(メス)がいます。
>
> この週末にフランスへ出掛けたところ、柴犬3匹見かけました。
> 1匹目は、パリで、デパートのペット用品売り場で、うちの
> 雌の柴に首輪を買って帰ろうと選ぶのに集中していたら、
> 足元に黒の柴(豆柴?か子供)が”笑顔”でこちらを
> 見上げていて、ただ単に犬が好きなにおいがしたんだと
> 思いますが、それとも異国にいて自分と同郷の奴を見出したのかなぁ? 
> などと思わせるようなちょっと特別な笑顔。犬に話しかけようかと瞬間考えている間に、
> 女性の飼い主さんに引っ張られていってしまいましたが、
> 何かいい物(僕のこと)でも見つけたかのような表情に、ちょっと切なくなりました。考えすぎかも、ですが。
>
> 2匹目はリヨンの広場。30代ぐらいの女性が引いていて、
> 彼氏と早足で歩いている。子犬の柴にはちょっと歩くスピードが速いようで、2人の間をまつわりつくようにピョンピョン跳ねながら、”僕(私)のこと見てよ~” って感じで。
> ちゃんと構ってもらえていればいいんですが・・
>
> 3匹目は老人と行儀よくリヨンの坂道を歩いていました。
> 雌かなぁ?
>
> 割とどの犬もほっそりした感じでした。明らかに柴でしたが、
> がっしりした感じではなかったです。
>
> どの犬も、故郷から遠く離れた場所ですが、幸せに
> 暮らしていってほしいな、と心から思います。
>
> 以上、いきなり通りすがりで長々と失礼しました。

| のり | 2012/01/10 21:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shiba830.blog55.fc2.com/tb.php/687-095e75ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。