PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本ミツバチの巣箱。

日本ミツバチが、巣穴のところまで溢れてしまうほど数が増えている。
相変わらず花粉を集めているので、これからも数が増えそうです。

サナギから孵った働き蜂は、最初は飛べません。
巣の周りの仕事から始めて、だんだんと飛べるようになったら、蜜や花粉を集めに空へ飛んで行きます。


日本在来種ミツバチの会に入会しました。

日本ミツバチが、これからもっと増えるための社会貢献が出来ればいい、それから、日本ミツバチの飼い方の情報が欲しい、と思ったので。
会報なんかが送られてくるそうです。

先日購入した本の著者(藤原 誠太さん)が会長をしています。
本を何度も読み返したのですが、どうしてもわからない所が何箇所あるので、電話して質問してみました。

出た方は、お店の方なのか、返事は「書いた本人に聞くのが一番いいと思うので、藤原へ直接電話して聞いて下さい。」との事でした。

現代式縦型巣箱、一式ではなく、とりあえず必要な分だけ購入しました。
巣箱を2段分と人口巣を7枚、巣枠を7枚買いました。
自然巣を巣枠へ取り付けるために、です。
人口巣は給餌も出来ますから、とても便利なものです。

届いたらさっそく、夕方に移動させようと思っています。

冬を越す分の蜜を集めるためには、引越しは遅くとも8月まで、なのだそうです。




巣門のところに蜂球が出来ています。

132_20100709212834.jpg

本日、巣箱が届くそうなんですが、待ちきれません。
スポンサーサイト

| 22年 日本ミツバチ | 05:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shiba830.blog55.fc2.com/tb.php/570-5660b6d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。