PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

生態系。

日本ミツバチをお隣の家との境に置いたが、ちょうど駐車スペースで、ハチがブンブン飛ぶのを見て、すこし庭の中央付近に移動しました。
あまりにハチが飛ぶと迷惑ですからね。
来年、もし分封した場合、空が真っ黒になるくらいに飛ぶのを想して・・。
そうなる事を祈って・・。

盛んに花粉団子を足につけて巣へ運んでいます。
幼虫のえさです。
子育てしている証拠。
嬉しいな。
足についてるので、黄色い花粉と赤い花粉がありますが、何の花でしょうね。


右はきゅうりネットです。
63_20100609082633.jpg
64_20100609082633.jpg


トレジャートローブに来ました。
69_20100609083217.jpg


ロサ・カニナに来た他のハチたち。
83.jpg

71_20100609083216.jpg

70_20100609083216.jpg

マダム・アルディにいつもいる花ぐも。
72_20100609083216.jpg



スプリット・オブ・フリーダムのアーチ。
これを見てどう思うだろうか・・。
私はこれはアーチには合わないと思うのだが・・。
コロンと俯き加減に咲くスピリット。
奥ゆかしい感じ。

73_20100609100424.jpg
74_20100609100424.jpg
75_20100609100423.jpg




モーティマー・サックラーも蕾が膨らんで。
67_20100609082633.jpg
68_20100609082632.jpg


ザ・ジュネラス・ガーデナーの大きな蕾。
65_20100609082633.jpg
66_20100609082633.jpg

相変わらず美しいメアリーローズ。
76_20100609101007.jpg

バロン伯爵に今年も会えました。
77_20100609101007.jpg

ピンクエゴノキと白いエゴノキ。
80.jpg
81.jpg
82.jpg


ジュード・ジ・オブスキュア。
こんなに美しいバラなのに、何故こんな名前なの。
日陰者ジュード。
イギリスのトーマス・ハーディーという小説家が書いた小説の中の人物。
ビートルズの「ヘイ・ジュード」もここからついた。

78_20100609122224.jpg
79_20100609122224.jpg




ピエール・ド・ロンサール。
文句なしの横顔です。
84.jpg
85.jpg
86.jpg


咲いた姿よりも蕾の方が奥ゆかしい感じで好きです。
開いちゃうと、後は散るだけですからね。
スポンサーサイト

| 22年 バラ | 12:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shiba830.blog55.fc2.com/tb.php/555-b88fe7a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。