2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宮城支部展結果報告。

先週に引き続き、寒い一日となりました。

体感温度は氷点下、風が痛い。


出陳頭数127頭、うち中型が11頭でした。



うちは2頭、成犬で虎徹、幼犬で琴葉を出しました。

虎徹は棄権。

残念ながら、虎徹は春はこれで終了です。

毛が持ちません。

今年は毛が抜けるのが早く、2月頃から抜け始め・・。







4_20100328201618.jpg





琴葉は幼犬賞ゲットです。

先週と同じ14頭。

審査が長かった。


2_20100328201618.jpg


遊んだり匂いを取ったりしますが、きちんと立ち込みします。


5_20100328201617.jpg


山形までは2週間、体作りに専念します。

若1は7ヶ月から一歳未満。

山形は11日、9月10日生まれですから、7ヶ月になった当日の若1は厳しいものになりそうですが、気負わないで臨みます。


23_20100328201658.jpg




7_20100328201617.jpg




去年の秋田での東北連合展で幼稚犬トップ賞を頂いたしば犬もなかの日記のもなかちゃんに会いました。

きれいな女の子に成長していましたね。

クリアな赤が印象的。


9_20100328201617.jpg



またお会いしましょうね。
スポンサーサイト

| 22年 展覧会 | 08:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一足早く。

一昨年の東京で開催された全国展で、初めてお会いしてからの柴友達のみほさんから、素敵なプレゼントが届きました。

みほさん、ありがとう。

とても嬉しかったです。


桜の花とピンクで統一された優しいアレンジメントです。



1_20100327092546.jpg



2_20100327092736.jpg


優しい気持ちになります。

一足早い尾お花見を楽しんでいます。



**********************


今日は昼間は暖かかったのですが、夕方には雪の吹っかける寒い日でした。


明日は宮城支部展です。


先週の福島に続く、寒い辛い一日になるような予感。

5時には出発します。


| 22年 つれづれ | 21:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MOMIJIだより NO1

紅葉の成長だよりが、滋賀県湖南市のT様から届きました。



紅葉は縁あって、葉斗と同じ滋賀県へ4ヶ月で行きました。



葉斗とは3軒お隣の家なのです。



1_20100324135206.jpg


紅葉は散歩している時、笑いながら私の顔をよく見上げていました。

しぐさが可愛くて、4ヶ月まで我が家にいましたので、とても愛着があります。


2_20100324135206.jpg



篤子に表情が似ています。
仔犬の時、篤子もこんな顔でした。

赤い首輪が良く似合っています。


3_20100324135206.jpg



4_20100324135206.jpg




紅葉のあまりの可愛さにびっくり仰天。

今回、篤子の仔犬は6頭生まれましたが、どの子もハイレベルな子たちでした。

篤子は子出しがいいのです。


5_20100324135205.jpg


こうした飼い主様からのたよりは、作出者としては一番嬉しいプレゼントです。

うちから巣立って行った子犬たちには、全員幸せになってもらいたいと願っています。

飼い主様との繋がりをとても大事に考えている釈迦堂荘です。

| たより | 21:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島支部展結果報告。

昨日は、春の激しい嵐の中、福島支部展が開催されました。

出陳頭数は127頭。



時折、黄砂で真っ白になったり、吹き飛ばされそうな突風に襲われ、審査も一時中断するぐらいだった。

お昼頃から晴れ間もみえたが、午後の2審はまた雨が降ってきたりで。

寒い辛い一日だった。



うちは4頭全員を出陳。

虎徹は今年から成犬ですが、残念ながら棄権させて頂きました。

篤子も残念ですが棄権させて頂きました。

葉己も残念ながら幼犬賞ならず。



幼犬メスは14頭。

その中で、釈法の琴葉(釈迦堂荘)が幼犬トップ賞、ならびに県内トップ賞を頂く事が出来ました。





会津芦ノ牧温泉の黒糖まんじゅう。

15_20100321163633.jpg



どうしても後ろが気になるようで・・。

この時は黄砂がひどかった。

7_20100321163230.jpg


運良く、番号を呼ばれたらいいと、それ以上のトップ賞が取れるなんて思いもよらなかったので、また番号を呼ばれた時はびっくり仰天だった。

8_20100321163230.jpg





6_20100321163230.jpg



11_20100321163259.jpg




立ち込みはまだちゃんとは出来ませんが、気性には問題がないので、不安はまったくありません。

物おじしない篤子の気性を受け継ぎ、ハンドリングをしていても、とても楽です。

4_20100321163201.jpg




5_20100321163200.jpg



琴葉のお陰で帰りは気持ちが楽でした。

ありがとう、琴葉。

9_20100321163230.jpg


こうして見ると体の線がきれいです。



柔らかいメスらしい線を褒めて頂きました。

私が唯一好きなところは、肩のラインから前足が素直にまっすぐに下りているところ。



琴葉の緩やかなシッポは風になびく。

もともと大地を自由に駆け回っていた柴犬、そこもうまく出来ているらしい。




1_20100321163201.jpg


この後、冷たい雨が降り天候が急変。

3_20100321163201.jpg




隣のリングではオスの幼犬の審査。

葉己。

葉己は可愛いな。



10_20100321163230.jpg




オスの幼犬は、むらさきさんちの子が幼犬トップ賞でした。

煌の黒竜(福島青木)


おめでとうございます。


黒の本来の色はこういう色と見本のような子でした。

16_20100321164202.jpg





ヒサちゃんにも会えました。

去年と同じ寒い一日でしたが、「第一回柴友の会」以来の嬉しい再会でした。

ありがとう。



おまゆさんちのたろう君。

また会えて嬉しい。

相変わらず展覧会の雰囲気が嫌いのようで、今日は雨風が強くて寒い日だったけど、来てくれてありがとう。


12_20100321163258.jpg



まぁーこさんちのひめちゃん。

彩虹の杏樹(宮城彩虹荘)

若1 優良3席若犬賞。

良かったね、おめでとう。

写真では薄いですが、実際はもっと濃い冴えた赤です。


14_20100321163258.jpg


| 22年 展覧会 | 09:24 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

低気圧。

3月21日(日)

いよいよ、大玉村ふれあい広場にて、日本犬保存会福島支部展が開催されます。


日保に入って3年目の今年。

最初の年は虎徹、次の年も虎徹、今年も虎徹で勝負します。
多分、来年も虎徹で勝負だろう。





展覧会は2月28日からもう始まっているが、うちは福島支部展が一番最初の出陳となる。

去年は冷たい雨が降って寒い日だったが、今年はどうかと思い天気予報を見てみた。



曇り時々雨か雪 最高気温12℃最低気温3℃ 降水確率90パーセント



低気圧が中国から接近しているらしい。
ちょうど日曜は、東北南部地方がその真ん中辺に来る。

何で今年も雨か雪なんだろうか。

防寒対策を万全にしないと風邪を引きそうだ。
ストーブも持って行こう。

雨で、使えるかどうかは、わからないが。




会津の篤姫(会津常勝荘)

何とも言えない落ち着いた雰囲気が出てきた。

1_20100320062429.jpg

| 22年 展覧会 | 06:33 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忘れた写真。

今朝起きたら外は真っ白。

また冬に逆戻りだ。


もう一つのカメラに収まったままのSDカードを発見した。

去年の子犬たちの写真だった。




葉斗と紅葉

1_20100317124722.jpg


3_20100317125242.jpg



2_20100317125102.jpg



4_20100317125520.jpg






5_20100317125520.jpg


篤子のお乳。

10個あるお乳はフル稼働。

ポタポタ落ちるほどたくさんのお乳を出した。
私も飲んでみたが、濃くて生クリームのような美味しいお乳だった。

| 22年 つれづれ | 08:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北帰航。

朝6時半。

コウコウと鳴く声が聞こえた。

白鳥の北帰航が始まったようだ。

3月半ば過ぎ頃の朝早く、くの字になって鳴きながら、北の空へ向かう白鳥の群れをよく見る。

急いで声のする方を見たが、今日は見逃した。



ここは白鳥の渡りのルートらしくて、渡ってくる白鳥の声で秋を感じたりする。



半年前に渡ってきて、この冬も鳥インフルエンザの影響でえさはもらえない。

田んぼで米をついばむ白鳥も多かった。


秋にはまた元気な姿を見せて欲しいと思う。



ドロシーのシュートが出てきた。
数えたら4本のシュートがあった。
これだけあれば十分。

1_20100316081118.jpg




引っこ抜いてしまおうかと思ったら、シュートが出てきた。
右の赤いのは台木で、明らかに違う大きな葉っぱ。
一重のピンクの花が咲いた。
ロサ・カニナでした。

それはそれでいいんだけど。

大きさがわからないが、どちらも私の手のひらほどの大きな株。

2_20100316081118.jpg





琴葉。

3_20100316081402.jpg




4_20100316081402.jpg


最近、脱走劇が続いている。

篤子が二度ほど。
一度はすぐに帰ってきた。

琴葉も2時間ほどの脱走劇があった。
後で、知っている方に、道路を歩いている黒柴がいたと言われ・・。
探しても見つからなかったが、ちゃんと帰ってきた。
喜んでシッポを振り、どろんこの足で。

どちらも不注意からだったので、気をつけなければ。
ケージにナスカンをかけ、万全を期す。

| 22年 つれづれ | 13:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

警戒心。

いつの事だったろうか・・。

病院へ虎徹と篤子を連れて行った時の出来事。
いつも行くかかりつけの病院は女医さんで、とても良心的で親切だ。
だからいつでも込んでいる。

中がいっぱいなので、外のベンチで待つ事にした。

外には先客がいて、ミックス犬を飼っている中年の男性が、ポケットからジャーキーを出し、虎徹と篤子に手のひらに乗せて食べさせようとした。
お利巧に待っているので、ご褒美をあげたいらしい。



が、食べなかった。



その男性は「なんだ、んまぐねと見えて食わねえわ。」と一言。



いえ、決してそうではなく・・。



「初めて口にするモノは警戒して食べないのです・・。」
美味しくないから食べないのではないと・・。


初めて見たものは、食べれるモノか食べれないモノか、口に入れて、何度も出したり入れたりして確認する。
すぐに飲み込むなどというのはない。

柴犬ってそういう犬なんです。と弁明。


それを聞いた男性は、「ほ~~。」とびっくりして感心した様子だった。
そのミックス犬は何でも食べるらしいので、食べない犬を見るのが珍しかったに違いない。


病院という場所、知らない人間、そんなのもあって、食べなかったんだと思う。
ジャーキーの匂いを嗅いだだけで、決して食べる事はなかった。
私の手からだったら食べただろう。


警戒心も強いが、観察力もある。
本当によく見ていて、人の言葉もよく理解するようになる。

人間が一人増えたような錯覚をしてしまいそう。


洋犬のような派手さはないけど、地味で素朴な柴犬が好き。




この2頭はまだ例外。
何でもガッツガッツ食べる。


琴葉


6_20100313094518.jpg


1_20100313094241.jpg


2_20100313094241.jpg




葉己

3_20100313094241.jpg


4_20100313094241.jpg


5_20100313094519.jpg

| 22年 つれづれ | 09:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛んでいく雲。

今朝もにわとりが卵を産んだ。

昨日の卵は今朝半熟卵にした。
箸で黄身がつまめる程新鮮。

有難い事。



何日かぶりでの青空がまぶしい。
雲の間から青い空が覗く。

7時には洗濯物を干し終わって、きったない庭を眺める。
草も生えてきて、冬の間ほったらかした庭はさんざんたるもの。

太陽が出るだけで明るい気持ちになれるっていい。





鉢植えのクリローが咲き始めた。
たった一個の花。

2_20100311075800.jpg

3_20100311075800.jpg



1_20100311075800.jpg





畑で取れた白菜も大根ももう底をついた。


白菜は虎徹、篤子、葉己、琴葉も好き。
そのままバリバリ食べる。
葉己の食べ方なんぞ、まるでやぎみたい。



葉己

7_20100311075811.jpg



琴葉

6_20100311075811.jpg




篤子

虎徹の小屋に雪が吹き込まないように立てかけてあるのも、もういらない。

4_20100311075800.jpg






| 未分類 | 07:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さとう雪

さとう雪。

ローラ・インガルス・ワイルダーが書いた「大きな森の小さな家」の中に出てくる。

一度暖かくなったのにまた急に寒くなり、雪が降る。
木の芽の芽吹きが遅れ、それだけけ長く樹液が木の中を流れまわる。
急いでとうさんとじいちゃんは森へ行き、かえでの木に傷をつけてかえで糖を取る。
そうすればたくさんのメープルシロップが取れて、みんなが喜ぶというもの。



昨日からの雪が積もって、今朝はまた冬に逆戻り。

睡蓮鉢の氷も厚く張らなくなったので、水を替えてみた。


厚い氷の中でも冬を越したようだ。

日本めだかと売っているめだかは一緒に出来ないので、それぞれ分けて入れている。




ところがめだかとは違うものが。

これは一体・・・。


1_20100310073857.jpg



めだか
2_20100310073857.jpg




バードフィーダーにえさを入れておく。
すずめが少なくなっているらしいが、ここは別。
たくさんの小鳥がえさを食べにくる。

3_20100310073857.jpg




いつでも小鳥のさえずりが聞こえる我が家。
ジャングル状態のトレジャートローブ。
面倒なのでもうこのまま。

4_20100310073856.jpg






+++++++++++++



今朝にわとりが産んだ今年初めての卵。
外は雪でもにわとりは確実に春を感じています。



5_20100310073856.jpg



| 22年 つれづれ | 07:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つれづれ。

3月3日、ひな祭り。

毎日雨や曇り時々雪のぐずついた日が続く。

それでも確実に春は近づいているようで、福寿草も咲き、風は冷たいけど何となくあったかく感じられる。



篤子です。

去年はこの時期、サル面でした。
今年はそれがない。

6_20100303114435.jpg





クリローも咲いています。

今年は手入れを怠ったので、花つきは去年よりも劣ってしまいました。

1_20100303114423.jpg


庭に地植えしたクリローはダブルでした。
蕾がもう二つ三つついています。

葉は枯れています。


2_20100303114423.jpg





虎徹。


3_20100303114423.jpg



葉己。


4_20100303114423.jpg



琴葉。

5_20100303114422.jpg


7_20100303124404.jpg



この頃は、お昼に帰ってこなくてもオシッコを随分我慢出来るようになりました。
帰ってきてもすぐにはオシッコを出しません。
出るまで時間がかかりますが、それでも1回は帰って出すようにしています。

食事も3回から段々2回にしようと思います。

| 22年 つれづれ | 11:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。